自ら考え動く自発的な社員が増える 想いや理念を共有すると会社は強くなる

ビジョカンはクレドから

会社(再)構築プログラム

クレド定着プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョナリーカンパニーとクレドの関係

クレドとはラテン語で「信条」や「志」という意味であり、企業理念や価値観(企業風土・行動規範・経営指針・ビジョンなど)をわかりやすく、具体的に表現したものです。多くの会社が手本としているビジョナリーカンパニーの殆どが、会社の企業理念や価値観といったものを何よりも大事にしてきたことで成長し続けているように、クレドの導入は、「継続して成長し続ける強い会社を作る」ためには最適なツールといえます。

クレドが失敗する理由

クレドを作成した会社の殆どが、それを上手く利用して成果につなげていないのが実情です。成果につなげるためには、クレドは会社の存在意義を明確にして社員の共感を得るものでなければなりません。どこでも通用するような綺麗ごとを並べるだけでは、社員一人ひとりに「会社のため=自分のため」という意識を持たせ、仕事に対するやりがいを感じさせるものにはならないからです。

川野事務所のクレドサービスは作成と運用の2つから構成されています

クレド作成サービス「会社(再)構築プログラム」会社設立時から現在に至るまでのエピソードをしっかりヒアリングして経営者でも気が付かなかったような会社の存在意義までも明確にします。

クレド運用サービス「クレド定着プログラム」会社に合った運用方法を考え、ワンパターンではなく複数の手段を用いて多方面からアプローチすることで、会社に定着させます。

会社を根本から変えるクレドの効果とは

効果1 社員のパフォーマンスが上がる!

効果2 他社との差別化を生みだす!

効果3 コスト削減ができる!

効果4 コンプライアンスが徹底できる!

その他にも…

社員の定着率が上がる!クレドによって、社員には帰属意識や愛社精神が芽生えるため、優秀な人材の定着に繋がります。また互いの考え方や価値基準を共有できるようになるため、個々の関係も深まり、社員同士のみならず経営者との垣根も無くなり、色々な意見が出てくる風通しの良い職場になるのです。

求める人材が明確になり、教育や採用がやりやすくなる!教育計画もクレドの価値観を基に組み立てることが可能です。また社員一人ひとりがクレドの実現のために何が必要なのかが分かるようになるため、社員が自ら成長することも望めます。採用でも、求める人材が明確になり、入社を希望する人にとっても、どんな価値観を持った会社なのかが予め分かるため、採用時のミスマッチを減らします。

まずはお問い合わせ下さい。あとは専門のスタッフがしっかりとナビゲート致します。

メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ 03-5330-1299

川野事務所のクレドサービス

いざクレドを作ろうと考えても、作るのが面倒臭いとか、作ったとしても社員に上手く浸透せずに機能しないのではないかとか、実際のところ費用をかけたとしても効果が無いのではないかとか不安は絶えないものです。川野事務所では、そうした目的ごとの不安に的確に応えるために「クレド作成サービス」と「クレド運用サービス」の2つのサービスを用意しています。

  • クレド作成サービス 会社(再)構築プログラム
  • クレド運用サービス クレド定着プログラム
ページトップへ

クレド作成サービス「会社(再)構築プログラム」とは

「会社(再)構築プログラム」とは、クレドの作成に際して会社として目指すべき方向を見極めるのと同時に、目的を達成させる為の原動力となる長所や、妨げとなる短所を明らかにし、それらの長所を伸ばして短所を無くすための想いをクレドに盛り込むことで改善をはかるプログラムです。会社の長所や短所を再認識し、それを意識して行動することで、商品やサービスにお客様に喜ばれる新たな価値が生まれます。その積み重ねが必要とされる会社、成長し続ける会社につながるのです。

STEP1 経営者のインタビュー 経営者から直に経営理念や会社の強み、商品、サービス、歴史などを聞くことで会社のあり方や現在抱えている課題、将来目指すべきビジョンを明確にします。

STEP2 クレド作成チームの発足 クレドの基本方針やスケジュール等を設定するための経営者直属のチームを発足します。「自分も参加した」という実感は動機づけにつながるといわれており、チームの発足は効率的に多くの人を巻き込むためにも最適な手段といえます。

STEP3 ステークスホルダーへのアンケート実施 社員や顧客、取引先等といったステークスホルダーに対して、提供している商品、サービスや会社のイメージ等について、どう思っているのかを調査する為にアンケートを実施します。

STEP4 クレドの文章化及びクレドカードの作成 基本方針に沿ってクレドを文章化し、さらに社員が常に携帯してクレドを見ることができるようにカードにします。クレドは内容が一目見て分かるものでなければ、瞬時に判断する際の指針とはならず、またどんな時でも見られるように携帯できるものでなければ、常に活用することができないのです。

ページトップへ

クレド運用サービス「クレド定着プログラム」とは

「クレド定着プログラム」とは、すばらしいクレドを作成したとしても、社員の行動指針となるまで定着しなければ意味がありません。クレドを根付かせて会社におけるクレドの存在を大きくするため、会社に合った最適な方法を用いて運用をサポートするプログラムです。クレドを会社の文化として根付かせることができれば、全社員が一丸となって同じ方向を向いて進んで行けます。その先にあるゴールは多くの関係者の喜びであり、感謝であり、会社の繁栄なのです。

クレド運用チームの発足&運用計画の策定 クレド運用チームを発足し、今後どのようにしてクレドを根付かせていくのかを検討し、計画に落とし込みます。クレドカードを作成し社員に配布して「あとはよろしく」というだけで根付くものではないのです。

説明会等の実施 まずは社員のクレドに対する認識を高める必要があります。そのために説明会のようなものを行い、より経営層に近い者がクレドの必要性を呼びかけるなど、クレドが形式的なものではなく、会社運営上必要不可欠なものであることを全社員の意識の中に植え付けなければなりません。

日々の運用サポート 運用計画で定めた事項を行い、仕事の中にクレドを根付かせていきます。例えばクレドを社歌にして毎朝全社員で歌ったり、社内報等にクレドに則った行動によって成功した社員の記事を載せるなど、会社生活のあらゆるところにクレドを登場させます。

クレドの内容と定着率の検証 定期的にアンケートやテストを行い、クレドが社員に与える影響や定着率を確認します。行動指針として馴染めそうにないものは修正を入れ、また定着率が低い場合も原因を探って方法を変えたり、テコ入れをするのです。最終的にクレドが会社にとって非常に大きな存在として根付くためには、常に改善を重ねていかなければなりません。

ページトップへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ 03-5330-1299

SRP

当事務所は社会保険労務士個人情報保護事務所認証(SRP認証)を取得しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ
  • 事務所案内
  • blog
Contents
  • 安心サポート 顧問サービス
  • クレド作成・運用
  • 人事評価制度
  • 給与計算、経理記帳、保険手続き 事務アウトソーシング
  • 参加型ゲーム研修
  • チーム活性プログラム リチーミング
  • 社会保険・労働保険 新規適用手続き代行
  • 人材派遣業許可申請・届出
  • 職業紹介許可申請
  • 介護保険業指定申請
  • 障害年金裁定請求代行
  • 就業規則

お気軽にお問い合わせ下さい

受付時間 9:30~17:30(営業日:月曜~金曜日)(定休日:土曜・日曜・祝日)

  • 03-5330-1299
  • メールでのお問い合わせ

SRP

当事務所は社会保険労務士個人情報保護事務所認証(SRP認証)を取得しております。